« 2010年03月 | メイン | 2010年05月 »

2010年04月 アーカイブ

2010年04月02日

4月11日 瞑想会を開催します!

4/7追記:おかげさまで、満席になりました。ありがとうございますm(_ _)m
毎月1回リコネクションルームでハーモニックメディテーションの
瞑想会を開催しております。

4月の瞑想会は11日です。
4月11日(日)10時から(約2時間)
場所は西荻窪のリコネクション・ルームです
http://reconnect.jp/99/access.htm 料金は3000円です。


平和で静かな自分のハートを体験したい方
ヒーリングに興味のある方
ハートに瞑想の火をともしませんか?

ハーモニック・メディテーションのmixiないコミュニティーもよろしくね。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4909448

定員5名です。


お申し込み・お問い合わせ
ayumi.okada@reconnect.jp

それから、毎月月末的な土曜日の19:00からクリスタルガーデンでも瞑想会を行っております。

2010年04月07日

ハワイ 瞑想 修善寺 セドナ ホオラウリマ・アクア

真理はシンプルなものだけれど、
私たちの生活で表現される私たちのエネルギーのかかわりあいや、
カルマ(バランスをとる行動が必要なもの)て、
とっても複雑な様相を見せるなって思います。
そして、私たちの思考の世界にとって存在の真理は、いつもミステリアス。

だからこそシンクロを体験して、嬉しくなったり、はっとしたりするんだと思う。

それはそうと、
先月の春分のあたりに修善寺にあるリーラスペースが主宰する瞑想リトリートに初参加しました。

別のところの瞑想のセミナーには、数年間参加していて、とってもよい体験をし、よい流れに導かれました。でも、この1年は、何か自分の学びに行き詰まりというか、微妙な違和感を感じていて、
足が遠のいていたんです。本当によいセミナーでしたし、それなくしては、この仕事はついていませんでした。本当にありがたい体験でした。
でも、なんか、自分個人として、違和感を感じ始めたので、お休み状態。
そろそろ、自分の瞑想も、なんかあやふやで、もう少し理解を深めたいと感じ始めたのが、今年の1月。

いろいろ調べていて、リコネクションやノボのセミナー&個人セッションでもお世話になった
ナチュラル・スピリットさんで天野清貴さんという方を紹介しているのを見つけました。

で、キヨタカさんは、本を3冊だしていて、その内容の一部をご自身のHPで公開しているんだけど、
非常に非常に非常に非常に、興味深かったので、
そっこう取り寄せて読みました。

アジズとの対話
恩寵の扉が開くまで1
恩寵の扉が開くまで2

『アジズとの対話』は、アジズという瞑想指導者とキヨタカさんの個人セッションの記録、
『恩寵の扉が開くまで』は、フーマンという”ハワイ在住”だった瞑想指導者とキヨタカさんの個人セッションの記録です。

瞑想先生には、いかに私が考えすぎかを指摘されることが多かったし、
とにかく、ハートに集中するということを体験的に学んできましたが、
なんだか、深まっていかなくなっちゃって、どうしたものかなーと思っていて、
もう少し、知的な理解を、思考に絡め捕らえる形ではなくて、深めたいと思っていました。
この3冊は、非常に助けになりました。
アジズの解説は非常に明確で、瞑想や意識というものを理解するのに役立ちました。
フーマンも明確なのですが、こっちは、もっと読むエネルギーワークのような感じ。
どちらも、瞑想や真理の探求に興味のある方には、お勧めです!

で、キヨタカさんは、かつては、リーラスペースの活動で、悟りの意識のある瞑想の指導者方やさまざまな海外の指導者のセミナーなどをオーガナイズする活動をしていて、アジズやフーマンも招いていらっしゃいます。

でも、今回、私が、ぜひ、瞑想会やリトリートに参加したいと感じた理由は、そうしたことではありませんでしたのよ。

『恩寵の扉が開くまで2』のあとがきに


「一人の優れたマスターの時代はもう終ったのです。
今という時代は上と下、強者と弱者、知る者と知らないものが作り上げたピラミッド構造が崩壊し、
インターネットに象徴される相互依存型のシステムに移行しつつあり、精神世界はその最先端にあるといえます。
一人の優れた人の下に大勢が集まるというシステムでは、個人の解放はあり得ません。
(中略)
すべての人が同じ大地に立ち、お互いがお互いに影響を与え合い、内なる小さな光を大きな光に育てることが必要であり、それが可能な時代に突入したのです」

という言葉があるのですが、これがあたしにガツンとヒット。

キヨタカさんは、そうした思いのもと、リーラスペースのリトリートのコンセプトを、「悟った人VS探求者」という場から、「たとえ小さくとも自己の光を唯一の拠り所とする人々が集うスペースに変えたそうです。

再度、ガツンとヒット。でも、痛くはありません。

そうしたわけで、リーラスペースのリトリートに参加させていただきました。
私の感想は、こちらに掲載されています。

超大雑把な感じは、ヒーリング慣れした私には、ピュアなハートをもちながらも、意識として成熟していくことからぶれない大人なリトリート。抽象的すぎるよね?。これじゃ。
こうゆうのって、人それぞれの感じだし、説明にあんまり意味はないので、
興味あるかたは、一度足を運んでみてくださいな。

リトリートは18名の少人数なんだけど、その中に偶然ですが、2人、知っている方が参加していました。途中から完全に沈黙だから、誰とも離せないんだけど、どうも、みたことある、と思ったら、
途中で思い出しました (あ、自分に集中してませんね。すみません。)。
リコネクションを受けてくださったクライアントさんではありませんか。
終了後、確認したら、やっぱりそうでした。
だからね。なんだか、始めてきたところなのに、懐かしいというか、知らないところに来ている感覚じゃなかった。

ところで、フーマンという人は、2005年になくなるのですが、ハワイで活動なさっていました。
『恩寵の扉が開くまで』はハワイでの個人セッションの記録なんで、
読んでいて、私も自分とハワイの不思議な縁を思い出し、またまたハワイが超なつかしくなってきました。

セドナでであったノボと一緒に『ホオラウリマ・アクア』というハワイの言葉を使ったエネルギー・ワークを提供しているわけですが、
先日、キヨタカさんがリコネクション・ルームで『ホオラウリマ・アクア』を受けてくださいました。
そして、そのときのご感想をご自身のブログにアップされています。

最後は完全にノーマインド状態になって、いつもフーマンとの個人セッションで起こっていた状態に近い感覚を得る事が出来きたとおっしゃっていました。
「我が家にたどり着いた」感覚だったそうです。

ノボは覚醒とか、悟りとい表現はしないんですが、
ホーム(HOME)ということは、ときどき言います。
同じようなことなのかなって、私は理解しています。
HOMEとか、我が家って、特別な響きじゃないから、よりぴったりくる言葉なような気がします。

この世の中に、意識を保ったまま、我が家の扉を開ける、そうした体験が少しつづ増えていけばいいなぁ。あ、もちろん、自分もね。

と、つらつらブログを書いていたら、ずーと前にリコネクションを受けてくださった方から
4年ぶりにメールがありました。リーラスペースさんのリトリートに昨年参加されたとおっしゃってました。

と、こんな風に現象の世界って、不思議な偶然や、ワクワクするシンクロで表現されたりするわけですが、その奥にある、動かないもの。 それと、もっと仲良くなりたいなぁ。

2010年04月19日

満月のハートの瞑想会(無料) 4月28日PM7:30

4月28日から、毎月1回満月の日のPM7:30から、
満月のハートの瞑想会を開催します。

参加は無料です。

リコネクション・ルームでの参加、または、スカイプや電話でも参加できます。
【リコネクションルームでの参加は満席になりました。
ありがとうございます。お電話またはスカイプでの参加は引き続き承っています。】

お申し込み・お問い合わせは、ayumi.okada@reconnect.jp
090 9340 8189 (オカダまで)


この瞑想会では、トンレンというチベットの瞑想法を基にしたハートの瞑想を行います。
慈悲の心を養い、私たちの周りの人、そして世界中の人の痛み・苦しみを 和らげるための瞑想です。

ハートには否定的なエネルギーを肯定的なエネルギーに変換する力が自然に備わっています。
自分の中にもともとある慈悲の心を育て、人のために祈る約45分の瞑想会です。

リコネクション・ルームに来ていただいて一緒に祈るだけでなく、
遠方の方は電話またはスカイプで、遠隔で一緒に祈ることができます。

瞑想会に参加される方はもちろん、参加されない方も祈ってほしい方がいらっしゃったら、
メール にて、その方のお名前と祈ってほしい理由を簡単におしらせください。
瞑想会では、その方のお名前と状況をお伝えし、参加者みんなで祈ります。

私たちすべてのエネルギーはつながっているんだから、
期待や操作ではない純粋な祈りであれば、
自分のために祈るのも、人のために祈るのも、区別はなくおんなじというところに
行きたいな、と私は思っています。

ハートの瞑想を体験された方のご感想はこちら

この瞑想会を始めることにしたのは、こんな理由なんです....

私の母はあるとき原因不明の病気でどのような薬も効かず卵巣を
摘出する手術を受けることになりました。
ところが、mixiや友人たちに母のために祈ってほしいとお願いしたところ、
みなさんが祈ってくれてから、急激に回復し、
多くの方の祈りの力で手術の直前に取りやめになり、
おかげさまで無事回復しました。
(そのときの日記『祈りの力 笑いの力』)

その後も、再発することもなく、
この夏からは、人生の中でたった一つの趣味だった水泳をまた始めようと決心しているぐらい
気持ちもいい感じになってきたみたいです。
運動も苦手、趣味もない母ですが、十数年前、ぜんそくにもよいというので、一時期
水泳を習っていたことがありました。
本当に運動が超苦手なのに、なぜか水泳ははまったみたいで、
バタフライを習得したぐらい。。。
(で、なぜか、海水浴でバタフライを披露する羽目になり、
大うけする。)
でも、その後は、病気とかいろいろな事情で、ずーっとあきらめていたんです。
本当に、嬉しいです。

そのお礼の気持ちで込めて、瞑想します。

ご興味のあるかたは、ご一緒しませんか?


2010年04月29日

第一回満月のハートの瞑想会 無事終了 無事っていうかすごかった

昨日は、あいにくの雨。
満月は見えなくて、一瞬本当に今日満月でよかったんだよねぇ、と不安になり、
瞑想前に参加者のみなさんに確認してしまった気弱なファシリテーターおかだあゆみでしたが、
無事満月のハートの瞑想会終了しました。

無事、どころか、超パワフル!!!

リコネクション・ルームで瞑想したのは、わたしを入れて5名、
それから電話やスカイプでの遠隔参加の方が2名の総勢7名でハートの瞑想をしました。

いわゆるネガティブなもの.....ほら、その、大きな視点でみれば、すべては一つでネガティブもポジティブもないとかいう視点ではなくて、私たちができれば避けたいと思っている苦しみや、痛みや、あらゆる深いな感情や思考、記憶とか、をハートに受け入れて、そしてポジティブなエネルギーに変換して、愛とともにお返しするっていう瞑想法です。

私が最近、ものすごくお気に入りの瞑想法。

もともとは、チベットのトンレンという瞑想法をアレンジしたものです。
基本は人様の痛みや苦しみを自分のハートに入れて、変換するのですが、
今回のハートの瞑想では、まず、自分の痛みからはじめて、どんどん輪を広げていきます。

今回は、ハートの瞑想の経験者は、私ともう一人だけで、あとの5名は初体験だったのでした。

メールなどで、祈ってほしいとご連絡をくださった方や、参加者さんのお友達のことも、
一人ひとりみんなで祈らせていただきました。

瞑想中、熱い熱い!
みんな熱かったそうなのですが、私は、すっごく熱く感じながらも
途中から、涼しい風のエネルギーもやってきて、快適でした。

始めて体験された方に終った後の感想をお聞きしたら、

ネガティブなものを吸い込んでるのに、とっても穏やかで気持ちがいいとか、
ヒーローみたいに自分が大きくなったとか、
ニュートラルな感じだとか、

みなさん、かなり気持ちがよかったそうです。

そうなのよ、気持ちがいいのよ、これ。

他者の苦しみ・痛みを和らげることも、自分を癒すことも、
すべてが一つなら変わりはないはずということを、
瞑想中の数十分だけであれ、
言葉ではなくて、ダイレクトに実感できるすばらしい瞑想だと思います。

とくに、私、みたいに、自分のことばっかり探求して育ってきた人間には最適な瞑想なのです。

で、この日、祈りのリクエストの一つは、
「15年以上わずらっている顎関節症が最近、相当悪化して、激痛でものが食べられなくなったので、祈ってほしい。このままだと、ダイエットにはいいかもしれないけれど、それどころではない。
たすけれくれ?」
という内容でした。

で、終ったあとに、痛みはどうかきいたら、ちょっとはましかも、という微妙な感じ。

でも、今朝(翌日ですね)、こんなお礼のご連絡をいただきました。
「終わった時超激痛が激痛くらいになってて、今は口をあける時に痛いくらい。
ごはん噛む時の痛みはなくなった。すごーい」

ああ嬉しい!

そして、別の参加者さんがこんな報告もありました。
「自分の周りの人のことを祈ってくださいといわれたときに、ある友人のことを祈ったのですが、
瞑想後、その友人から突然一年前のことに関して感謝のメールが届いたんです。その友人には、
しょっちゅうあっているのですが、改めて一年前のことに関して突然感謝のメールが着たので、
すごいタイミングって思いました。」

ほー!
やっぱり、エネルギーはつながっているんですね。

ヒーリングが起こるのも、つながりが持てるのもありがたいですよね。

いくら自分が幸せでも悟っても、世界に苦しみがあるかぎりその苦しみを感じれば自分も苦しい。

利他と利己。
頭で考えると、この行為は利己なのか利他なのか悩んじゃうってこと、結構あるけれど、
こうして、瞑想を実践することで、体験として利他と利己を超えた世界を垣間見れるってこの瞑想素敵!

今回、参加してくださった方は、私がこの仕事を始めた当初ご縁があった方だったり、
仕事を始めた当初ご縁があったからの紹介で、最近、セッションを受けてくださった方が多かったので、
わたしにとっては、初心に帰り、また、ご縁が再度つながるありがたさを感じられる一日でもありました。

ご自身のブログに瞑想会のことを詳しく書いてくださった
ゆっきーさん
もそのお一人です。
ホワイトクロウというスピリチャルカウンセリングサロンを主宰していらっしゃるのですが、
パーソナルブランディングやスピリチャル・マーケティング・コンサルティング
なさっています。
これも、もう、3、4年前だとおもうのだけれど、知り合いをとおしてゆっきーさんのことを知って、
パーソナルブランディングの相談をさえてもらったことがあります。
とっても、有意義で、かつ、超楽しいセッションでした。
数年後、『ハーモニック・メディテーション』という ネーミングを考えるときも、
実は、ゆっきーさんとのブランディングセッションの体験がすごく役立ちました。
ネーミングとか、あんまり得意じゃない私ですが、
すごくぴったりの名前だなって自負しております。
ゆっきーさんありがとう!

次回の第二回満月のハートの瞑想会(無料)は5月28日です。

7時開場
7時30分瞑想スタート

リコネクション・ルームにいらっしゃっての参加、
遠隔での参加
祈りのリクエスト

お待ちしております。

お申し込み・お問い合わせは、ayumi.okada@reconnect.jp
090 9340 8189 (オカダまで)

一緒に瞑想しませんか!

About 2010年04月

2010年04月にブログ「リコネクション・ルーム & 岡田 歩 公式ブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年03月です。

次のアーカイブは2010年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。