« 2010年04月 | メイン | 2010年06月 »

2010年05月 アーカイブ

2010年05月03日

第一回満月のハートの瞑想会 無事終了 無事っていうかすごかった2

満月のハートの瞑想の翌日、
祈りのリクエストを下さって、7名で祈らせていただいた方からメールをいただきました。

もともとは元気なタイプの方なのですが、
慢性疲労症候群のような症状が数ヶ月続いてらっしゃていて、
休職して、ご自宅で寝ていることが多い毎日をすごしていらっしゃるということでした。


瞑想、ありがとうございました。
すっごくエネルギーを感じました。
ガクガク震えたり、げっぷが出たり、温かくなったり…

過去生?的な映像を2つほど見て、
わんわん泣きました。


最近ずっと見ていた
過去生的なビジョンというのが
中世ヨーロッパ?で
自分は、中部隊の隊長だったり
国の王女?だったりするのです。

見るたびに、そこから受け取るメッセージは毎回違ったのですが、それでも
「自分の力が足りなくて、戦争を止められなかった。」
「仲間を、国を、相手国を無駄に傷つけてしまった。」
ずっとそんな感覚だったんです。

それが、今回は
「戦争は、善でも悪でもない。
ただ「戦争」なんだ」
という感覚で。

まだちゃんとは理解できないのですが、
「戦争を忌むことも、同じく憎しみだ」
みたいな…。

あらゆる対立は単に二元論の初歩的?状態、
単なる在り方のひとつの形態にすぎない
って感覚だったんです。


じゃあ、それにかわるものは何なのか…
まではわからなかったのですが(苦笑)。

ともあれ、少なくとも今は、
今までのように「早くよくしなくちゃ」
という焦りがなくなって、
なんかほっとした感じです。

からだ全体の感覚は、まだ弱々してるのと
頭痛は残っているんだけど…

ここ3年以上(いや、子供の頃からかも)
ずっと抱えてきた、重い疲労感も
「抜けつつある」感じがするし、

なにより、この2ヶ月、
人に会うのが何より好きな私が、
友達との予定を立て続けにキャンセルする(ほぼ寝たきり)ほどの様々な不調…

全身疲労、胃腸の荒れによる吐き気、食欲不振、
体の痛み(横向いて寝るからか、腕や肩のまわりが、五十肩?みたいに痛むんです)が
抜けつつある感じなんです。

昨日晩ごはんを抜いたせいもあると思うけど…
明らかに、それ以上に胃の粘膜が
あったかくなって、修復されてる感が…。

おとといまでの感覚と、今までの経緯を考えると、
普通にしてたら、
こんなに短期間で回復するとは思えず、
たぶん祈りの効果だと思うんだけど…

なんかあっけないというか
「え、こんなすぐ効果を感じるもの?」
ってにわかに信じがたくもあり(笑)

まだキツネにつままれた気分ですが、
今後この効果が続いてもそうでなくても、
私なりに「人の助けを、ただ受け取る」
経験ができたのが、うれしいなと思います。

自分でやる、も大事だと思うんですが、
「委ねる」「ただ受け取る」も大事なんだなって感じました。
あったかかったです。

一人のひとに対して祈らせていただくのは、ほんの一分も時間をかけていないんですよね。
この間に、過去世2つは絶対に無理(笑)。
なのに、盛りだくさん解放することができたみたいで、よかった?。
ほんと、癒しって、時間も空間も越えるもんなんですよね。

わたしも、きつねにつままれたみたいですよ。

こんなにクリアに短時間にヒーリングが起きるなら、
セッション全部やめて、満月の日のハートの無料瞑想会だけやることにして、
お布施。。。って言っちゃまずいか、ええと、寄付金?で暮らしていこうかしら、
なんて、妄想しちゃったりして。

とにかくとにかく、祈る側にも祈られる側にもとってもいい瞑想なんですよ。

そう、この瞑想会は、いつも手術とか病気とかを気丈に乗り越えてきた母が、
はじめて検査や手術に不安を感じ、祈ってほしいと私にメールをくれたことから始まりました。
そのときに、多くの方に祈っていただいたおかげで、奇跡的に手術直前に手術がとりやめになり、その後急速に回復に向かいました。
祈りの恩返しのための瞑想会です。

その母から、瞑想会の翌々日にメールがありました。

「今日凄く良い天気朝凄く天気良くておまけに夕べ一度も目覚めず快適思わず歩に話したくなったGW中ずっと東京で仕事?この前いい忘れたけどたまに沢山の方の祈りのメッセージ呼んで感謝して涙してますこの気持良さ歩も身体大事にね」
(原文のママ。句読点なくてちょっぴり暗号みたい)

読みやすく変換し、解説を加えると

今日は凄く良い天気です。
朝、凄く天気が良くて、おまけに、夕べ一度も目覚めず快適です。
(普段は睡眠薬を飲んでも、毎日何度も目が覚めたり、夜眠れないんです。)
思わず歩に話したくなった。
歩はGW中ずっと東京で仕事ですか?
この前いい忘れたけど、たまに沢山の方の祈りのメッセージ呼んで感謝して涙してます。
(みなさんが祈ってくれたときに、mixiでお願いしたのですが、
「祈ります」というみんなのコメントをコピーして渡してあるんです)

この気持良さ信じられないぐらいです。
歩も身体大事にね。

毎日、相当思い悩むことが多く、肉体的にもいつも痛みにさいなまれている母から、
こんなメールが来たのは初めてです。
後で電話したら、本当に泣いていました。
みんなのコメントのコピーのことを思い浮かべるだけで、感謝の涙がでてくると言っておりました。

みなさん、本当にありがとうございます。
私の母の癒し、一緒に体験させてもらった私の癒し、
それをまたみなさんと分かち合えたら、こんなにありがたいことはありません。

今月もまた開催しますので、一緒にハートの瞑想をしませんか?


次回の第二回満月のハートの瞑想会(無料)は5月28日です。

7時開場
7時30分瞑想スタート

リコネクション・ルームにいらっしゃっての参加、
遠隔での参加
祈りのリクエスト

お待ちしております。

お申し込み・お問い合わせは、ayumi.okada@reconnect.jp
090 9340 8189 (オカダまで)

2010年05月05日

5月9日 ハーモニック瞑想会@リコネクション・ルーム

毎月1回リコネクションルームでハーモニックメディテーションの
瞑想会を開催しております。

5月の瞑想会は9日です。
5月9日(日)10時から(約2時間)
場所は西荻窪のリコネクション・ルームです
http://reconnect.jp/99/access.htm 料金は3000円です。


平和で静かな自分のハートを体験したい方
ヒーリングに興味のある方
ハートに瞑想の火をともしませんか?

ハーモニック・メディテーションだけじゃなくて、
今回は、今、(個人的に)話題(?)のハートの瞑想も取り入れる予定です。

ハーモニック・メディテーションのmixiないコミュニティーもよろしくね。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=4909448

定員5名です。


お申し込み・お問い合わせ
ayumi.okada@reconnect.jp

それから、毎月月末的な土曜日の19:00からクリスタルガーデンでも瞑想会を行っております。

2010年05月06日

グローバルハーモニーセミナー (by AYA @セドナ)

6月2日から7日かけて、話題の神聖幾何学ボルテックスカードの作者AYA(アヤ)がセドナで
【グローバル・ハーモニーセミナー】を開催することは、かねてからお知らせしていましたが、
なんと、内容ももっと楽しそうなものに一新され、さらに参加しやすい料金に変更されました。

主宰は、モーニングホープさん ですが、
私もお手伝いしま?す。

これまで、数回、神聖幾何学と&数字の世界の入門講座を開かせていただいたりしましたが、
神聖幾何学は、なんだかしきいが高いイメージをもたれている方も少なくないと思います。
AYAのセミナーを体験すると、しきいが高いイメージはどこかに吹っ飛び、その調和と美の世界に浸れるわけですが、今回はさらにわかりやすく、楽しい内容になっているみたいです。

わー、楽しみです。

あ、そうだ、ちなみにね、
私、ひと月くらい前に、AYAの曼荼羅(スターホイール)の大き目の高精細デジタル版画を入手したんです。
現在、販売されている中で一番のおきにいりのもの。
Hiero Disc Openness っていうタイトルのもの
なんか、これ、自分のハートにしっくりするの、見ていると自分と対話しているような感覚。
ここに向かって、「ホオラウリマ・ポノツアーを必要とされる方が集まりますよう」にと話かけていたら、
つまり自分の神聖な部分に話しかけていたわけですけど、すると、ご縁のある方 5名に集まっていただき満席になりました。ありがたや?。

以下 モーニングホープさんのお知らせより

***********************************************************************************************
このタイミングで思い切った決断でしたが、新しいパラダイムに向けて必要とされる神聖幾何学の叡智をより入りやすく、より多くの方に受け取って頂ければと思います。

今回の内容はスターホィールを知り尽くして頂き、
自分自身というマンダラの描き方をAYA直々に教えて頂いたり、
神聖幾何学を難しいと感じている方のために神聖幾何学の世界の
魅力を分かりやすく紹介したりという内容が加わりました!

グランドキャニオンへのツアーとWhole Being Expansion Training
及びメディスンホイールセレモニーはそのまま残しております。

会期:2010年6月2日(水)?6月7日(月)
場所:アリゾナ州セドナ(AYA自宅)
参加料:210,000円(税込)
プログラム:
第1日(6月3日:木)スターホィールカードの使い方
第2日(6月4日:金)自分のマンダラの描き方
第3日(6月5日:土)神聖幾何学の世界
第4日(6月6日:日)グランドキャニオンツアー
第5日(6月7日:月)Whole Being Expansion Trainingとメディスンホイールセレモニー
特典:素敵な特典を検討しております。

お申込み方法
1)メールにて住所、氏名、連絡先(メール、電話)をご記入の上、お申し込み下さい。
2)弊社から確認のメールとセミナー受講料のお振込先をご案内致します。
3)指定の口座にご入金頂き、弊社からの確認の連絡をもって、お申込完了とさせて頂きます。

お問い合わせ・お申込み
株式会社モーニングホープ 担当:古木仁
メール:info@morninghope.co.jp 電話: 046-283-0744


プログラム詳細
第1日(6月3日)スターホィールカードの使い方
1)スターホィールの紹介(ストーリー、ビジョン、グローバルエデュケーション、新しいパラダイム)
2)1枚の使用方法:ガイダンス、メディテーション、スピリットインスピレーション、ヒーリング、人間関係、エネルギーの活性化、プロテクション、ドリームワーク、ミスティカルユース、ソフトビジョンのヨガ。
3)リーディング法・ヒーリング法(自己、相手、遠隔)
4)スートラ、ピクトコーアンについて
夜:談笑、スターホィールのスライド鑑賞、AYAの宝物で遊ぶ、など

第2日(6月4日)自分のマンダラの描き方
1)マンダラについて(マンダラの歴史、なぜ自分のマンダラを描くのか?など)
2)マンダラのパーツ、シンメトリー及びマンダラの神聖幾何学を理解する
3)AYAによるステップバイステップによる描き方指導
4)スパイラルのデザイン、装飾、秘訣の伝授
5)完成し、自分自身のマンダラを祝福する
夜:ラビリンスウォークセレモニー(ラビリンスは実際に歩くことが出来る特別なマンダラです。)

第3日(6月5日)神聖幾何学の世界
1)神聖幾何学の紹介(実生活、科学、文化及び意識の中で再び顕在化している神聖幾何学)
2)神聖幾何学の基礎(黄金比、フィボナッチ数列、ペンタゴン、ペンタグラム、ベシカパイシス、倍音など)
3)3Dの中の神聖幾何学(プラトン立体、アルキメデス立体)、ゴールデンヴォルテックス、多次元幾何学)
4)アート、建築物、自然、科学及び新しいパラダイムに見るフラクタルと自己相似形
夜:セドナボルテックスツアー(セブンキャニオンエリア)

第4日(6月6日)グランドキャニオンツアー
世界遺産にも登録されている、アリゾナ州北西部にあるグランドキャニオン国立公園。コロラド川の流れが数億年という長い歳月をかけて渓谷を浸食し、渓谷はノースリム(北壁)とサウスリム(南壁)に分かれ、渓谷の最大幅は30キロメートル、深さ1600メートルに達するところもあります。花崗岩や砂岩、石灰岩などさまざまな地層があらわになった断崖や残丘が複雑に重なり合う姿は、まさに大自然の芸術。太陽の傾きとともに岩肌が色を変え、観光客の目を楽しませてくれます。

第5日(6月7日)Whole Being Expansion Trainingとメディスンホイールセレモニー
1)大地と水のヨガ:ストレッチエクササイズとAYA流太極拳
2)空気と火のヨガ:ブリージング、エネルギー循環テクニック、エネルギーの活性化
3)音のヨガ:母音転調、シャーマニックチャンティング、トーニング、ドラミングなど
4)マッサージ、ヒーリング、メディテーションの練習エクササイズ
夜:メディスンホイールセレモニー(ビジョンクエスト)

その他
■日本―フェニックス空港のフライト、フェニックス空港から現地までのシャトルバス及び宿泊の手配をご希望の方は、ご相談下さい。
■フェニックス空港からセドナまでのシャトルバスが100ドル前後でご案内出来ます。
■ 宿泊先につきましては、数人で宿泊するコンドミニアムの施設となります。(人数が多い場合変更する場合があります。)
***********************************************************************************************

渡辺さつきさんのセミナー @大阪 5月29日と30日

私の道友、渡辺さつきちゃんが、大阪でセミナーを開催します。

こんな内容

・様々な制限を外し純粋なハートの位置での自分を感じて楽しむ。
・自己のスピリットのメッセージを受け取る。
・思考からくる願いではなくスピリットからの願いを受け取る。
・左脳ではなく右脳を活用する簡単メソッド

なになに....『本来の自分が制限の無い中で様々な可能性や純粋性を
楽しんでいた幼少期の自分を思い出していただきます。
それは、一番自分のスピリットと密接に繋がっていた時期でもあります。』

ふーん、私、幼少期はだいぶやな感じだったんだけどな。。。。
一番楽しい思い出は、幼稚園に入る前、なかのよかったゆうじ君と、いつもど根性ガエルごっこをしてたのだけど、なぜか、私がいつもヒロシ役で、ゆうじ君はおかあさん役だったときかなー。

これが、自分のスピリットと密接につながってたってどうゆうこと?????
ちょっと、さつきちゃん(&ガイドのみなみなさまがた)に説明してもらわないと。。。。

私も参加したかったなぁ。
でも、今回は、セドナ直前だし、パス。

お近くの方で、ぴんと来た方は、ぜひ、ぜひ足をお運びください。

前回は、昨年の秋に開催され、大好評だったこのセミナー。
今回は、東京からひーるおーるりーぷす のたなべみちるちゃんがサポート参加するそうです。

盛りだくさんですね!


(ひとりごと、いや、業務連絡か.... さつきちゃん、セミナーのタイトルつけようよ(笑)。)

************************************************
 セミナーご案内内容  


今回の主なセミナー内容は、本来の自分が制限の無い中で様々な可能性や純粋性を
楽しんでいた幼少期の自分を思い出していただきます。
それは、一番自分のスピリットと密接に繋がっていた時期でもあります。
当時の忘れていた素晴らしい感覚・感情・願いを改めて呼び覚まし、
本来のスピリットの位置へとハートを開いていくお時間です。
制限だらけの大人の自分を手放し、あの頃の純粋で愛しい幼少期の自分と再会して下さい。
きっと忘れていた感性や可能性、純粋に祈っていた願いや愛を思い出すのではないでしょうか?

皆様と共に行いますメソッドは、下記の内容を予定しております。

・様々な制限を外し純粋なハートの位置での自分を感じて楽しむ。
・自己のスピリットのメッセージを受け取る。
・思考からくる願いではなくスピリットからの願いを受け取る。
・左脳ではなく右脳を活用する簡単メソッド。


私も皆様とご一緒に参加させていただきながら、
いろんなメソッド・シェアを織り交ぜての企画内容となっておりますので、
緊張感を解いて、楽しくご参加いただけるようなメニューをご用意いたしております。


服装   :  女性の方はスカートの着用をお願いします。
         男性の方はGパンとTシャツ以外でお越し下さい。
         正装でなくて構いませんので、リラックス出来る服装でお越し下さいませ。
         この機会に、普段着ないスカートや服装で春のオシャレを楽しんで見てください。

日時   :  5月29日(土)・30日(日) AM10:00?PM16:00

場所   :  苅田土地改良記念会館・2階第3会議室
         大阪市住吉区苅田9丁目5?27 
         Tel 06ー6608ー0670
         
        
          地下鉄御堂筋線あびこ駅下車
          3番or4番出口の改札を上がって徒歩4分

          地図 http://www.osaka-town.com/map/os193906

ご用意頂くもの
     :筆記用具 色鉛筆セット(100均等で売っている物で充分です。)
       お飲み物はこちらでご用意させていただきます。
          
参加費  :  15,000円

主催進行 :渡辺さつき
サポート :たなべみちる  


お申し込み&お問い合わせは下記のメールかお電話にてご連絡下さいませ。

E-mail moonlight-love@vesta.ocn.ne.jp

Phone 090-3705-2696

皆様とお逢いできますのを楽しみにしております。^^


2010年05月09日

今日はリコネクションルームでのハーモニック瞑想会でした。

今日は、月に一回定期的にリコネクション・ルームにて開催しているハーモニック瞑想会の日でした。去年の(たぶん)12月からはじめて、半年がたちました。
オーガナイザーの方を含め常連さん 3名と今回始めて、きてくださった方が2名いらっしゃいってくれました。

始めてきてくださった方の一人は、リコネクティブ・ヒーリングとハーモニック・メディテーションを遠隔で何度か受けてくださっていて、お顔を拝見したのは始めて。
実際にお会いできて嬉しかった?。

初参加のもう一方は、先日、満月のハートの瞑想会に来てくださったスピリチャル・カウンセラー ホワイトクロウの ゆっきーさんです。【ゆっきーさんのブログでも瞑想会の体験をご紹介いただいています。】

ハモメでは、瞑想の最初は、目をあけたままで、お互いに見つめあうのですが、
ゆっきーさんの目をみたとたん、私の顔がにっこり顔に。これって、何度か瞑想をご一緒させていただいたりしたときに起きることが多いのですが、ゆっきーさんのときは、一目見たただけニコっ!
いや、これ、べつに、私が「こんにちはー、ようこそ?」みたいな感じで微笑みかけているわけではなくて、勝手に発生しちゃうのです。すべての人のハートのもともとの至福の性質が共鳴してるのかな。肉体の岡田歩の意識は別に普通にあるので、頭の半分では、「突然ニカっとされたら気持ち悪いかな~でも、これは、共鳴で起きているので、ゆっきーさんもハートの至福と共鳴しているはずだから、気持ち悪いはずないかって」一瞬よぎるんだけど、基本的には至福です。
ゆっきーさんは、ポジティブなエネルギーを共鳴させて、自然を人を前向きにしちゃう方です。
わたしも、数年ぶりに2回お会いしただけだけど、ああ、これやろうとか、あれやりたいなとか、
お会いしたあと、インスピレーションがわきましたもん。ゆっきーさん、ありがとう。


そんなわけで、今回も、平和で、それでいてパワフルな瞑想会となりました。

今回ご参加のみなさんは、コミュニケーションに関して素敵な波動をもっていらっしゃる方がおそろいで。おしゃべり ⇒深い瞑想⇒おしゃべり⇒深い瞑想と、めりはりがある、とっても楽しい2時間でした。
ファシリテートさせてもらっている私も、みなさんからエネルギーをがっつりいただきましたよ?。
さまざまなエネルギーが集まってきて、必要なものをそれぞれ無意識で受け取っていたと感じました。

わたしは、ここのところ、潜在意識のお掃除に本腰を入れていて(だって、2010年の5月は潜在意識のワークに最適な波動だもんね)、実は、コミュニケーションというよりは、自分と付き合うことにものすごい時間をかけていたのですが、ちょっと、これじゃ引きこもりに近い(笑)けど、なんか、もっと引きこもっちゃうな、大丈夫かよ、自分 …
って、ところに来ていたの。
でも、今日の瞑想会で、みなさんのすばらしいコミュニケーション波動に共鳴でして、すごくバランスが取れましたよ。こうした波動の交じり合い、分かち合いもグループで瞑想をする醍醐味ですね。

瞑想会のあとはランチ会。
ヒーラーやら、チャネラーやら、オーラーリーダー(っていうのかな)やらで、
これまた楽しくおしゃべり会です。

素晴らしいヒーリングやリーディングやワークショップ、なんかで、大きな変革や解放の体験があっても、瞑想とか、アファメーションとか、日々の積み重ねというか、日々のメンテナンスのような基本的なことって、結局はすごい大切だよね?。ということで、満場一致。

でも、積み重ねっていっても、今日は面倒くさくて、ウンウンいいながらってここともあれば、こうやって、瞑想会なんかで楽しく積み重ねる日もあるわけです。

積み重ねって言葉だけみると、地味フルですが、取り組んでみれば、地味なことばっかじゃなくて、楽しかったり、軽やかだったり、激しかったり、いろんな体験があったりするのよね。

6月はまるまるセドナにいるので、残念ながらすべての瞑想会はお休みです。
7月からまた毎月開催します!
待てない方は、遠隔ハーモニック・メディテーションをぜひ。
セドナの波動と一緒に瞑想しましょ!

2010年05月10日

ホオポノポノのようなもの...

ミスティカル数秘術のマスター ノボによると2010年の5月は潜在意識のクリーニングや変革に取り組むのによいひと月なんだそうです
思い当たるふしのある人、わたしの周りにも結構いますが、そうゆう私もやってますよ。

どんな いわゆる悪人だって、どんなときでも、その人のハートには平和とか愛とか至福とか、その人の神聖なものがあるわけです。その人の神様(それぞれ宇宙意識とか大いなる存在とかソースとか好きな言葉に置き換えてね)の部分ですから。
その神様の部分は、こうゆう状態になったら活性化されるとか、これを解放したら得られるとか、そうゆうじゃなくて、もうつねにずっとそこにあって、いつもあって、しつこいぐらいにあるんだけど、ただ、気が付かないだけなのです。

私は、瞑想するとき、ハートに向けて自分を開いていくような意識でしています。
クライアントさんとハーモニック・メディテーションのセッションをするときも、もちろんそう。
クライアントさんのハートにある無垢なスピリットを、その人の目をとおして見ようとしているわけです。で、その無垢なスピリットは私の無垢なスピリットと同じもんなわけで、お互いがハートのレベルで出会い、溶け合っています。

ってことを、仕事で集中的にやっているから、しばらく、潜在意識の面倒をみるのを忘れてた。
ハートも普段は意識できないものだから、潜在意識の領域に存在するものなんだけど、
潜在意識には、他にもものすごいありえない量のぐちゃぐちゃの思考や感情や、自分のものではない不要な思考や感情、狂気的なものなど、いろいろ入っているわけですね。


images.jpg

海の上の小さな部分が普段気が付いているところで、下の普段は意識に上っていない部分に大量にいらんものがあるんだから、あまりにほったらかしておくと、ネガティブな行為、思考、感情が、自分ではコントロールできない形で表現されてしまうんです。

ハートの部分に意識を向けていれば平和なわけですが、よっぽど強烈に悟り的な意識を深めている人でない限り、瞑想していたり、一人で静かにしていたり、外部の影響の少ない環境にいるのでなければ、ハートに意識を向け続けていることはなかなか難しかったりするわけです。
私たち現代人は、そうゆうの非常に苦手です。
それにね、悟りの体験をしたからって、潜在意識のいらんものがサーっとなくなっていくわけじゃないんだよ。すっごい残念ながら。あ、もしかして、夢を壊しちゃった?

確かにそうした体験をした方というのは、『自分が体ではなく、感情ではない、思考ではない』って知っているから、潜在意識のお掃除の作業が、体験がない人よりもよりやりやすいそうです。
本質の自分のところにいれば、不要な思考は、これは自分ではないから手放すってことがやりやすいでしょ。それでも、やっぱりちゃんとやっていないと、日常ではそこに動かされちゃうわけです。

私、3月は瞑想の時間を増やしたり、セッションルームの掃除にせいをだしたりと、静かにすごすことが多くて、自分の静かな平和な部分に焦点を合わせていたのね、で、4月に入って、外に向かう活動が多くなると、なんか、変なのよ。あれ、なんであたしこんなときに、むかついた態度とってんのかしら、とか、外に出かけてもすぐ家に帰りたいし、列に並ぶとかイライラの極地で耐えられなかったり。思いもよらず、バランスが崩れていたの。特に他者に対しての自分の感情がね。おかしいなー、瞑想を増やしていたのに。

でも、ほったらかしていた自分にとって協力的ではない潜在意識の思考たちが、猛威を振るっていたのでした。きゃー。
盗み癖(不要な思考パターン)がある人(私)に「あなたは盗み癖があるけれど、本質はピュアだからそれでokよ」と甘やかしていたみたいなもんです。
私は確かにピュアでokなわけで、そこの自分を受け入れることは超大切ですが、だからといって、私の「不要な思考パターン=盗み癖」はほっといちゃだめでしょ。

でもって、ちょうど5月は潜在意識に取り組むのにベストな月なので、
せっせと潜在意識の中のいらんものをクリーニングしています。

特に楽しい作業ではいけれど、歯磨きとか顔洗うようなもんよね。

瞑想もやって、潜在意識のクリーニングもやって、なんか、そんな地味フルな作業を毎日やるのは暗いって思うかもしれないけれど、そうでもないよ。
瞑想の続きでやればいいから。
確かに瞑想だって、ときには面倒くさいけど、顔を洗うのだってそうよね。よっぱらって帰ってきたら、化粧落として、顔を洗うとか超面倒くさいとか思ったりすることがあるじゃないでも、やっぱりやるんです。だって、ほったらかしたら、一晩で顔の老化がすっごい進むそうですから。

心が固定化して、自分にとって嬉しくない心の傾向がどんどん強化されるまえに、クリーニングです。

私は、お友達医教えてもらって、こんなやりかたをしています。ホオポノポノの変形版みたいなの。いい感じなので、ぴんと来た方は、やってみてねん。5月はチャンスだから。

「自分の中のいやな感覚とか、繰り返し起こる状況とか、こびりついた思考パターンを私にもたらしている、私の中の情報はなんですか?」って聞いて、そのとき起こってきた感覚=エネルギーに対して、『ありがとう』とか、『これは十分体験しました。わかりました』とか、『そこに長い間、閉じ込めてごめんなさい』とか、『私が理解するまでがんばってくれて』ありがとうとか思いつくことをヒュー・レン博士のホポノポノっぽく言って、その後、『純粋な可能性のエネルギーにもう戻ってください。お疲れ様でした。ありがとう』って言葉をかけて、私にとって不快な感じの役割を担って、私に気づきをもたらし続けてくれたてくれたエネルギー君をねぎらって、解放していってます。

でさ、私のこれまでの癖って、こうした波動が高まることをすると、結構すぐさま、現象世界に結果がでてきて、物事が流れ始めて、ああ、まぁいいかってなって、いろんな出来事のほうで自分を忙しくして、
顔を洗うのをおろそかにしちゃうのよね。

今回も、これを初めてすぐに、現象面で変化がありました。
2名だけ申し込みがあってその後停滞していた『ホオラウリマ ポノ ヒーリング講座』でしたが、
クリーニングを始めて一週間のうちに、ばたばたと3名から申し込みがあり、満席になりました。

でも、今回は、ここでやめませんよ!
どんな、ラッキーなことが起きてもやめません!
だって、そうした現象面のラッキーが問題ではなくて、
無意識で自分を動かす潜在意識に働きかけること事体が目的だから。
あ、いや、最終目的は、毎日の生活をハートの自分の意識で味わうことでした。

そうそう、『人生は修正するためにあるのではなくて、生きるためにある』って言葉、最近教えてもらいました。

2010年05月11日

スターホィールヴォルテックスカードの公認プラクティショナーコース by AYA@ セドナ

以前、6月2日から7日までセドナにて行われるAYAのグローバルハーモニーセミナー
お知らせをしましたが、新たなコースも追加されたそうですよ。

私、毎週金曜日は、目白のクリスタルガーデンさんで、
セッションをさせてもらっています。
クリスタル・ガーデンでしか提供していないメニューがありまして、
それがこの『スターホィールボルテックスカード』を使ったヒーリング&リーディングのセッションなのですが、お客さん&クライアントさんから「きれいだし、すごいエネルギーを感じるのだけど、
どうやって使ったらいいの」ってよく聞かれるんですよね。
やっぱりしっかり学ばれたい方もいらっしゃるなぁって感じてました。

今回、セドナにてこのカードの公認プラクティショナー認定コースが開催されますよ♪
ご興味のある方はぜひ♪

モーニングホープさんのご案内から
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
今回、スターホィールヴォルテックスカードの公認プラクティショナーコースを
開催することにしました。

会期:2010年6月2日(水)?6月9日(水)
場所:アリゾナ州セドナ(AYA自宅)
参加料:210,000円(税込)オプション日はプラス21,000円/日
プログラム:公認プラクティショナーコース
第1日(6月3日:木)スターホィールカードの使い方?
第2日(6月4日:金)神聖幾何学の世界
第3日(6月5日:土)オプション日:自分のマンダラの描き方
第4日(6月6日:日)オプション日:グランドキャニオンツアーもしくはお休み
第5日(6月7日:月)Whole Being Expansion Trainingとメディスンホイールセレモニー
第6日(6月8日:火)スターホィールカードの使い方?
第7日(6月9日:水)スターホィールカードの使い方?

オプション日の関係で、先日ご紹介したリニューアルプランの第2日と第3日を
入れ替えましたが、第1日、第2日、第5日は両プラン合同になります。

スターホィールヴォルテックスカードの公認プラクティショナーコースでは、
AYAが108全てのスターホィールを紹介しながら、

・リーディングのプロトコル(手順、定義)を説明し、実践エクササイズ
・カードリーディングの様々なスプレッド法の実践エクササイズ
・直感力を深める練習とスピリチュアルヒーリングの倫理
・スターホィールに見られる神聖なユニバーサルシンボルの勉強とエクササイズ
・リーディング後のサポートとフォローアップ法

を学び、スターホィールを用いたリーディング法とヒーリング法を
学んで頂き、セミナー終了後は公認プラクティショナーとして
活動して頂くための修了書を差し上げます。

セミナーの参加状況によっては、プログラムスケジュールは
前後するかも知れませんが、心と魂と身体の調和がとれた
スターホィールヴォルテックスカードの公認プラクティショナーと
なれるような内容になっております。

AYA自身、20年以上の歳月をかけて生み出したスターホィールを
今後多くの方にプラクティショナーとして活用して頂けるように
なるので、とても喜んでおり、同時にそれがいかに大切かということが
一番分っていらっしゃるのでとても真剣です。

僕もとても楽しみです。

お問い合わせ
株式会社モーニングホープ 古木
メール:info@morninghope.co.jp
電話: 046-283-0744

やっぱりここに戻ってくる

5月は潜在意識クリーニング月間ですよ♪

ほんとはね、しばらくの間、自分で潜在意識をクリーニングすることに抵抗がありました。
というのは、私、精神世界の旅の始まりはゲシュタルト・セラピー & ホロトロピック・ブレスワークだから、まさに潜在意識をバリバリ掘り下げる系だったの。

で、かなり人生は整理されていって、自己実現的なこともあったのだけど、最終的にはその掘り下げに限界を感じて、瞑想&ヒーリングにシフトしました。
掘り下げれば、さげるほど、永遠にエゴの輪の中をぐるぐるしたんだもん。
どんなにか自分の行動や思考が、調和的でなくて、過去に縛られていたり、理不尽だということが見えてきて ⇒自己嫌悪⇒自分を責める⇒自分はダメなやつという思考が強まる。とくに私は、ものすごく突き詰めちゃうほうだったし。私が学んでいたところも突き詰め系で、結構、厳しかったのよね。ひーっ。

瞑想であれ、ヒーリングであれ、潜在意識を掘り下げる作業が含まれるんだけれど、私の体験の範囲で言えば、心理療法時代と比較して、掘り下げ方が、ひじょーーーーーーーーにマイルドだったわけです。
きついところにいくと、癒しのエネルギー的なアプローチで溶かしていくし、エゴと格闘するのではなく、自分の神聖さに戻ることによって、エゴの自分が背景になるようになっていくみたいなプロセスだから、より全体的なアプローチだなと感じました。
エゴと格闘しちゃたら、エゴと相撲をとってるのとか思い浮かべるといいけど、狭い土俵の中で密に抱き合っているみたいな状態になってて、結局エゴを強化してたりするのよね。それがエゴのトリックなんだもん。

でもね、やっぱり、どっちもバランスよく融合させるのがいいかなって最近、せつに、思います。

ヒーリングでは、潜在意識を含め思考パターンを変えたりとか、そうしたことも起こりえます。確かに劇的なヒーリングっていうのはありえるし、昨日まで、死にたいと思っていた人が、劇的なヒーリングによって元気はつらつというのを目の前で見た事だってあります。でも、それは、しょちゅうあることではないし、劇的なヒーリングが起きた後でさえ、日々の心がけをほったらかしたら、やっぱり無意識の領域に自分の思考や感情を振り回されるんです。
すべては変化し続けるんだし、潜在意識ってものすごく広大ですから。しかも、潜在意識ははエネルギーだから、他人の潜在意識ともつながっていたりなんかして、果てしなく、いろんなものがあるわけよね。それを全部リセットするのは無理だし、まったく不必要だけど、できるだけさわやかに保つメンテをするのはほんと必要だと思う。

口の中ってすごい量のバクテリアがいるんだよね。
一つの歯に10億以上のバクテリアが生息していて、バクテリアの除去後でさえ、1000から10万個が生活しているらしいです。もちろん、ぜんぶが悪玉バクテリアではないんだけれど、バクテリアが歯周病とかの原因だし、歯周病で心臓発作とか起きちゃう可能性があと言う人もいるそうですから、あなどれません。
口の中にあるバクテリアをぜんぶ除去できなくても、やっぱり歯を毎日磨くし、それはそれで意味あることだよね。

潜在意識のクリーニングもそんな感じなのかな。
潜在意識が全部悪玉なわけでもないし、それを全部リセットすることが目的でもないけれど、生活に支障のないレベルに保つっていうか。

ただ、過去の経験があったから、あまり潜在意識に正面でぶつかると、自分のとってインパクトが強すぎるかなーって思っていました。そして、自分をいじめるのもそうですが、
少なからぬクライアントさんが、やっぱり、自分を突き詰めて、せめていらしゃる方がいます。だから、この突き詰め一直線をうっかりクライアントさんにやってしまったら、きついかもとか思うこともあり、潜在意識の領域のことに関しては、だいぶ気を使っていました。


けれど、昔の心理療法時代の私と知っていることと、今の私の知っていることは違うんだった。
ええと、今は、波動の仕組みや、波動でできた宇宙のしくみとかも知っているし、ヒーリングや瞑想もできます。人のエネルギーや心に対する理解も前とはまったく違っているだから、同じように自分をいじめるみたいになることはないのよね。

うぁ、これこそ、潜在意識の不要な思考パターンのなせるわざ。
過去の自分と今の自分。自分のいろんなことも周りの状況も違うのに、過去の出来事のみに照らし合わせて、自分の行動を不必要に制限してたじゃない。
だから、そうなの、潜在意識に向き合うことって、意義があるのよ。

今週末は、クリスタル・ガーデンで『Return To Your Heart』のセミナーと、
プライベート・セミナーがあるのですが、こちらでも、自分でできる潜在意識のクリーニングとヒーリングの方法をお伝えします。
今回は満席なのですが、7月以降いろいろ受けやすい形でクラスを増やしていこうかなって思ってます。

2010年05月12日

こんなものが見つかった

あと、もう半月でセドナです。だんだんそわそわしてきました。
先日、動画の整理をしていたら、こんなものが見つかりました。

前回 2009年の秋にセドナにいったときから、太陽の緑色のオーラの写真が撮れる(というか、勝手に写っちゃう)ようになったのですが、なんと、動画でも撮れているじゃないですか。ちょっとびっくり。そんときは、ぜんぜん気が付きませんでした。

えっと、最後の2、3秒だけです。

セドナの隣のフラッグスタッフにあるレッド・マウンテンでの撮影です。


神道家で神典研究家の岡本天明さんが自動書記で書いた『日月神示』に
次のような記述があるそうです。

お日様赤いのではないぞ、
赤いとばかり思っていたのであろうがな、
まともにお日様見よ、
緑であるぞ、
お日様も一つでないぞ。
ひとり護られているのざぞ。
寒さ狂うぞ。

これによると、まともにお日様をみると緑なんだそうです。

でも、やっぱり今でも不思議。

6月のセドナでは、どんなのが撮れるのかな。
楽しみです!

2010年05月13日

仕事に情熱をもてなくなったとき(とか)に

ちょっと前に、クリスタル・ガーデンだけでやっている『神聖幾何学スターホィール・ボルテックスカード リーディング&ヒーリング』(長いねぇ、名前)セッションにで、こんなお悩みを持つ方がいらっしゃいました。
「とっても好きでやっていたセールスの仕事なんだけど、最近やる気がでない。その商品が好きではじめた、この仕事。好きだったはずなのに、うまくお勧めすることにも、躊躇があるし、自分には本当は合ってないのかも?なんかストレスです....」

で、カードを引いてもらって、お話しつつ、ヒーリングしていくと、こんな言葉が出てきました。
「ええと、自分の扱っている商品に手紙を書いてください。
こんなところが好きだとか、愛しているとか、
あなたはこんなに素晴らしいとか、こんな風に感謝している、とか、もしかたら、ごめんなさいとかもあるかもしれません。
あなたがその商品に対してどう感じているか、思いのたけを情熱的に(あ、これは、勢いあまって、今、付け足したかな?)語ってください」

へーっ、なんかよさげと思って、私も家に帰ってきてから、自分でやってみました。

ハーモニック・メディテーションさん宛て、
リコネクティブ・ヒーリング/リコネクションさん宛て、
セミナーさん宛て、
etc...

これやってみて、改悛 & 感謝でした。

改悛っていうのは、自分がどこかしら自分が提供している内容をツールみたいに、
自分の使う”もの”みたいに扱っているところがあったなって思ったの。
いや、確かに本質を感じるための世界にいろいろあるツールのうちの一つだっていうのは正解なんだけど、ツールであっても使っていくうちに命がやどるっていうかさ、そうゆうのってあるじゃない。
料理人の包丁とかさ、美容師のはさみとかさ(なんで刃物ばっかりなんだ?)、
大工のとんかち (なんか、危険なもんばっかりだな)、絵描きの筆とパレット(あ、だいぶ安全)とかって、その人の『大きな自己』の、ある意味延長線上にあるものみたいになってくるんじゃないかなって思うの。
その感覚よりも、もっと、切り離してみていたり、逆に、自分のものだからって自分の好きにできるんだ、みたいにちょっとぞんざいに扱うみたいなところが私にはあったような気がします。

でも、お手紙を書いていたら、感動の薄いタイプのあたしでさえ、なんかジーンとしてきちゃった。

ちょっと恥ずかしい、いや、すごい恥ずかしいけれど、ちょっとだけ公開。

ハーモニック・メディテーションへ

ありがとう
Onennessの中の個別性の中で表現される大切なギフト。
私のものではないけれど、まぎれもなく私を通して愛の表現。

私のところにやってきてっくれてありがとう。
なぜ、きてくれたかはわからないけれど、
誰かにゆだねることが苦手な私が、意識的にゆだねる状態にはいり、
私が私の意識を使ったまま、人とともにありがなら、私たちをサポートしてくれる
目に見えないエネルギーたちを実感できる時間を与えてくれてありがとう。

恥ずかしいから、ここまで。
あたしは本当に照れ屋さんなんで、これ以上、もう無理(笑)

そんで、こんなに愛しているって、感じて、
遠隔ハモメもはじめちゃたりしました。


手紙を書いたからって、かならずしも情熱を再発見するか、わかりません。
感謝が起こるかもわかりません。
最初から、ちょっと違ってたってことになるかもしれません。
とか、大好きだけど、違う形でお付き合いをお願いしますっていう、お手紙になるかもしれません。

それは、本気で向き合ってハートが感じること。

なんだか、親密な人間関係と一緒ですね。


書き出してみると、
自分は、自分の仕事あるいは誰かにたいして、こんな風に思っていると、
頭のなかで思っているのとは、違うことが出てきたりします。
頭の中のグルグルの思考のごった煮の中でただ考えるより、
書いて表現すると、頭のぐるぐるが徐々にクリーンになりながらできるからなんじゃないかな。

わかっているからやんなくていい、っていうのは、ちょっと脇において、
試しにやってみると、いろいろ発見があるかもですよ?。

2010年05月15日

ピザ食べたい

昨日はhttp://moo-jp.crystalgarden.shop-pro.jp/?eid=110567クリスタル・ガーデンで開催しているセミナー『Return To Your Heart』第三回でした。
今回のテーマは「ヒーリング」。

ヒーリングっていったいどうゆことなのか、ディスカッションしたり、みなさなんのヒーリング体験をシェアしたり。

ヒーリングと、日本語のカタカナで書くと、一見、何かそうゆう分野があるように見えますよね。私の業界でも、ヒーリング・メニューとか、って言ったりするから、何かそうしたものがあるってイメージができちゃうけど、
ヒーリング(healing)って言葉の意味は…
1健康あるいは健全な状態に戻す。
2. 正しい状態にする
3. (人を)スピリチャルな視点での完全性に戻す。

だから、そうしたことが含まれれば、なんだってヒーリングって呼べるわけです。

そうした視点でいろいろシェアしときにでた話題が、赤ちゃんを見ると、もう無条件でこちらも微笑んでしまったり、心がふんわりしたり、あったかくなったりって体験。
なぜなんだろう?
きっと、赤ちゃんはいつでもハート100%オープンなんでしょうねってことを話していたのですが、赤ちゃんもオープンだけれど、赤ちゃんに対しては、私たちも無防備になるからお互いハートが開いているから、癒される瞬間を味わえるのじゃないかな。

そう、ヒーリングでは、ヒーラーの役目はお手伝いすること(あるいは証人になること)であって、癒されるその本人こそが, ヒーラーだってことはよく言われますよね。
赤ちゃんの顔を見て、微笑むのは、微笑む私のハートも開いているから。

このとき、おっさんの一言で妙に元気が出たりすることもあるっていう話も出たのですが、
きっと、先生でもなく、マスターでもなく、おじ様でもなく、おっさんだから、こちらの気も油断して素の自分=オープンハートになるのかな。

なんて話をしたその日に、あるスピリチャル・リーダーからからこんなメッセージ・メールを受け取りました。

『真のヒーラーとは病気を治すことではなく、その人が完全に健康な姿だけを見られる人だ』
赤ちゃんも、おっさん(って誰なんだ?)も、自分自身が素でいるのに加え、相手が今ある状態を、その人の100%だとしてただそのまま受けとめているんでしょうね。

あたしね、ちょっぴり反省しちゃった。

ヒーリングの仕事をしていると、精神世界の裏話、結構、知ってます。
ちょっとや、そっとのことでは、驚きません。というか、精神世界が、他の業界と違うわけではないということだけなのだけど。
でも、その中にいると、いつのまにかすごい厳しい目というとちょっといいかっこしいのいいかただけど、すっごい批判的に他の同業者を見ちゃってる自分に気が付いたりします。あー、なんか、波動を感じないなーとか、愛を感じないなーとか、言っていることと生き方って一致しているのなぁとか…超もちろん、自分の波動に合うものを、自分のハートが求めるものを選び取る目をもつことは、とっても大切。他の人が良いというからって、自分ははてなマークなものに触れる必要なんて、別にないですよね。でもね、たぶん、慎重になるがゆえにではあるけれど、わたし必要以上に身構えているところあるなーと思ったの。この人のエネルギー本当に大丈夫なの、って調べる感じになっちゃってるかもって。でも、最初から調べる感じでいると、もうはじめからハートのシャッター閉め気味だから、ほんとは、微笑めるような、心はあったかくなるような波動に共鳴できたかもしれないのに、その余地を自分でシャットアウトしてるんだよね。

こんなことを思い出しました。セラピー研究所時代。毎回、自分の潜在意識を掘り下げてて、苦しかった時代。もう、私は、超扱いにくい生徒で、素直じゃなくて、セラピストに反発ばかりしていました。あー、恥ずかしい。ある日も、自分の内面を鏡のように見せられて、ものすごい嫌な気分になったんです。しかも、そのフォローがこのセラピストなっていないというか、「なんて、人に対する扱いが冷たいんだ。私はこんなに傷ついているのに。こんなにぐりぐり人の内面に切り込んでいて、厳しすぎる(イラっ)」みたいに感じた日があったの。でも、数ヶ月後で、そのときのセッションの録音を聞きなおしたら、あれー、そんなわけない。おかしいな….あれれれれ。
録音から聞こえてくるセラピストさんの声は、ものすごく穏やで、何もプッシュしていなくて、暖かさ、やさしさのこもった感じで私に話しかけてくれていました。このテープを聞きなおしたときは、本当に驚きましたよ。

昨日、このときの驚きを思い出しました。

豊かさがほしい、癒されたい、って、みんな言うけれど、何かをオーダーしたあとに、ピンポーンって音が聞こえたら、受け取るように玄関の鍵を開けるのは、自分の仕事。
ピザを注文して、ピンポーンて音が鳴ったら、玄関の鍵をあけて、扉を開かないと、ピザは食べられません。

どんなに苦手な相手でも、何かしら、共鳴できる、共感できるものはあるはず。
神聖幾何学のAYAからも学びました。少なくとも私たちは調和のφ比率をみんなたくさん共有しています。どんな人からでも、何かは学べるっていうし、どんな人とでも何かは共感できるのかも。本当は、自分の見ている世界は、全部自分だっていいますからねぇ。

あたし、きっと、もっと受け取れる余地があるんだ、って思ったら、なんか嬉しくなってきたわん。

2010年05月18日

クリーニングにより銃刀法違反?

5月は潜在意識クリーニングにぴったりってこと、
この前お話しましたが、わたしはちょっと前のりして4月からわりと集中してやってきました。

別にこれこれを解決したいとか、そうした何か具体的な目標っていうのは、
あんまりなくて、結局、自分の人生の舵取りをする、マスターになるには、これだなって思ったからなのね。

ぜーんぜん、思ってもいなかったところにも、どうやらその影響があらわれているような気がします。

その1) 家の中の大掃除&不用品かたずけ中
やらなきゃ、やらなきゃ、やらなきゃ。って、思ってたんだけど、不用品処分もお高いし、まだ使えるものは捨てるのもったいないけどオークションに出すのも発送とかめちゃ大変だったり。。。。。とさきに伸ばして、3年。
がっつり処分しました。7年ぐらい乗ってない自転車とか、パーテーションとか、チェストとか。
大き目のもの、最近は、エコ回収とかいって、すべての商品をオークションに出して、それで売れなかったものも、リサイクルショップに出すか、全部きちんと解体して使えるものは使ってくれるという業者があるのです。いいサービスですよね。

その2) 晩御飯、作っています。
その1はさ、クリーニングつながりで、潜在意識のクリーニングと関係ありそうだけど、
これは、まったく関係なさげ。
クリーニングしているテーマもご飯と関係ございません。
でも、なんていうか、自分にあうものを体に入れたい感覚がしてきて、作ってみたの。

意識の中の自分にそぐわないものを解放していっているから、自分に合わないものを
あんまり入れたくなくなってきたのかな。

多くの方には、晩御飯作るって普通のことかもしれませんが、私、本当にありえないぐらいお料理をしないのね。
刃物は危険!自分的に銃刀法に違反するから(笑)。って言い訳で,,,,
でも、なんか、うっかり作っちゃった。
そんな、よし、やるぞ!っていう意気込みもなく、やっちゃった、みたいな感じなのです。

自分に合うものといってもね、別に、栄養を考えているとかじゃあんまりないの。
自分で作ると、自分波動になるから、自分にぴったりするとか、波動がなじむから、
自分で作ったものが一番おいしいっていうのも聞きました。

野菜を切っているレベルだから、作るというほどのものでもないんだけれど、
やっぱり自分になじむ感じはしますよ。
味ね、サラダとかだから、味は野菜がおいしいから、おいしいみたいね。。。。。

ですが、ちょっとがんばって生まれて始めて、きんぴらなるものを作ってみたんだけど、
まずかったです(笑)。とても。
おかしいなぁ(笑)

でも、こんな風に、思ってもいないところで、影響が出るのもおもしろいなぁって思います。

とすると、本当に、クリーニングの可能性って、計り知れないかも!

2010年05月21日

ウエサク満月はハートの瞑想、夏至はラブ・スパイラル!

今月の満月はウエサクの満月といって特別な満月だそうです。
天界と地上の間に通路が開け、ひときわ強いエネルギーが
ふりそそがれる一年中で一番エネルギーの高い満月だそうな。

5月28日のウエサク満月の日、
リコネクション・ルームでは、満月のハートの瞑想会を行います。
私の母が原因不明の病気で手術ということになったときに、みなさんに祈っていただいたおかげで、手術が直前に中止になり無事回復したのですが、そのお礼瞑想会として毎月無料で開催しています。

トンレンというチベットの慈悲の瞑想をベースにしたハートの瞑想を行います。
わたしたちのハートのもともともっている変容に力をつかって、
人の苦しみや痛みをポジティブなエネルギーに変えていくという瞑想法です。

5月28日 7時開場 7時30分瞑想スタート

リコネクション・ルームにいらっしゃっての参加
遠隔での参加
祈りのリクエスト (この人のために祈ってほしいという方がいたら、メールくださいね。みんなで祈ります)

お待ちしております。
お申し込み・お問い合わせは、ayumi.okada@reconnect.jp
090 9340 8189 (オカダまで)

で、来月の6月21日は夏至ですね。
夏至もとってもパワフルな日です。
この日は、前回ハートの瞑想会に来てくださったホワイトクロウのゆっきーさん、
リコネクション/リコネクティブ・ヒーリングTAとしてご活躍のれいこさんたちによる『☆ラブ・スパイラル Vol. 4☆ 夏至のお祝い』というイベントが開催されます。
残念ながらわたしはセドナでセミナーの真っ最中なので参加できませんが、いきたかったなー。
<スピリチャル女芸人さんがデビューするとか、興味深深です。>

先日のハーモニック瞑想会のあと、ランチ会をしたのですが、みんなゆっきーさんの楽しくてとってもためになるお話に夢中でした。ゆっきーさんと話していると、ほんとに元気がでるんですよね。
『スピリチャルカウンセリングあなたの守護天使からのメッセージ』というブログにもそのお人柄がすごーく出ています。
応援されているな、嬉しいなっ、楽しくがんばろーっ!て前向きな気持ちなれるメッセージをつたえてくれる素敵なお姉さんです。
しかも、ブログをね、すごくたくさん書いてくださるんですよ。一日に数回アップされるときもあるんです。惜しみなく読者のみなさんを応援してくれているの!ぜひぜひ、読んでみてください。

わたしもね、その気前のよい愛にインスピレーションをもらって、
ブログを書くのがまた楽しくなってきちゃって、更新回数が増えました。
ありがたやー。

2010年05月23日

まずいキンピラからおいしいマフィンへ

潜在意識のクリーニングに励んでいたら、どうゆうわけか、うっかりまずいキンピラを作ってしまったわけですが、これが、なかなかおもしろい展開に。

キンピラのブログをアップした翌日に来てくださったクライアントさんに、
「キンピラは難しいんですよ」と慰められる有料ヒーラー岡田歩。

その方は、パンをご自分で焼いたりする方で、お料理のお話になりました。

お料理のサイトにリコネクション・ルームのことが載ってましたよ、とおっしゃいます。

それは無理….

よく聞いてみると、クックパッドという有名なお料理レシピサイトには、レシピを掲載する人用の日記のページもあるらしく、それにリコネクション・ルームのことが載っていたというのです。

どれどれ、「クックパッド リコネクティブヒーリング」で検索してみると、あああああああった。

2006年に来てくださったクライアントさんの日記でした。

体の不調を改善したくて、ヒーリングを受けた方なのですが、ヒーリング後、ヒーリング前より体が硬いと整体の先生に言われたりなんかして、なんだかなーと思っていたけれど、
超かなり想定外のことが起きて、なんと、ご主人をゲットしたという内容でした。

ヒーリング後、およそ二週間でその後ご主人となる方と出会い、およそ一ヶ月後に一緒に住み始め、その後、ご結婚なさって、今に至っているそうです。

うわー。おめでとうございます(遅いけど)。

私は、ただの導管とは言え、やっぱり嬉しいわよね。

わーい。

宇宙そして私たち一人ひとりの体もそうだけど、複雑な模様の織物のように本当に多様なエネルギーが織り交ざっている状態になってるって、ことをあらためて思い出しました。

ある行為、ある思考、ある感情によっていったいどんな影響があるのか、いったいどこからそれが起きてきたのかって、自分でわかっている範囲は、実はすごく小さいのかもって思うんですよね。

何かに誘われたり、いろんな情報がやってきたり。
そんなときに、今、自分にそれは必要がないって、『ハート』が言っていたら、
それに従うのはとっても大切なこと。

だけど、それと同じくらい、想定外のことに自分を開け放つのも、大切かも。
私もそうだから、はっとしたんだけど、効率主義のタイプの人って1つの行為に対して、ある特定の結果のみを想定するところがあると思うのね。けれど、それが行き過ぎちゃうと、可能性を狭めて、味けない人生になっちゃうなって思います。

たとえば、「公共料金を支払うという結果」を求めて、「銀行に行くという行為」をするとしても、その行為をするプロセスで、いろんなことが起こりえます。
そして、いろんな感情や思考も起こります。
、この一つの行為と思っている中で、
誰かに出会うかもしれないし、それこそ、未来のだんなとか。銀行のとなりにある八百屋でたまたま安売りをしているかもしれないし、銀行に行っていたために、出たくない電話にでなくて済むとか。。。。
「銀行に行って振込みをする」という、自分の中ではちょう決まりきったルーティンワークでも、そうしたエネルギーの複雑さを考えてみると、自分は知らないだけで、決まっていない要素のほうが多かったりするのかも。

そう考えると、平凡な毎日が、違って見えてきます。

平凡な毎日を平凡と見ている限り、平凡は続くけど、そんな風は見方をちょっとしてみたら、平凡がえんえんと続くかに見えた毎日に光がさす感じがしますよね。

でも、効率主義が行き過ぎると、すべてがなるべく短い時間で済み、よけいなことはしなくて済むことを重視して、ある行為と一つの結果しか結びつかなくなってしまい、真実とずれてきてしまいます。
すると、いろんなことが、ただのルーチンワークのあつまりになっちゃうよねぇ。

わたしも、潜在意識のクリーニングをするときには、自分がまずいキンピラを作るなんて思ってもいないし、まずいキンピラつながりで、お料理の話で盛り上がるとも思っていなかったし、それで盛り上がってパンが焼けるなんてすごい、って言ったら、次のときに、クライアントさんに手作りマフィンをおすそ分けしてもらえるなんて、まずいキンピラを食べているときには思いもよらなかったわけです。

マフィン、とっても、やさしい味がして、おいしかった。一気に3つ食べちゃった。
やさしい味は作った方のエネルギーなんだろうな。
マフィン自体もいただいて嬉しいし、そのやさしさもいただいて、なんか、すっごい得した気分。

今、自分がしている小さな一つのことの影響の大きさを思い巡らせたら、
地道な作業や、取り組みの背後にある可能性の大きさが見えてきたら、
ちょっとワクワクしますよね。

タイトルだけみると、この2、3日中に急に料理腕前があがって、おいしいマフィンを焼いたように読めるよね(笑)。
誇大広告です。ごめんなさい。

2010年05月25日

ついでに脂肪もクリーニング???

あと、一週間で6月です。
ふふふ、セドナが近づいてきましたー!
今回は、ノボがこれまで誰にも(私にもです)公開していない、
彼が30年間研究と実践を重ねてきた、古代の三位一体の叡智を使ったヒーリング方法の講座を開催します。私自身すっごく楽しみにしています。

これまでリコネクション・ルームに来てくださった方へ毎月遅らせていただいている6月のエネルギー予報(ノボがその月のエネルギーについて解説してくれる)を今、準備中なのですが、おおおおおお、まさにヒーリング講座にぴったりな月なのでした。

でも、それには、今、私や周りではやっているって言葉は変ね、そうじゃなくて、その素晴らしさや重要さに今改めて気が付いている、潜在意識のクリーニングや想念観察の取り組みが不可欠だなって思いました。
(エネルギー予報は毎月送っているニュースレターに掲載しています。
ご希望の方は、メールくださいませ ayumi.okada@reconnect.jp)

そんでもって、クリーニングをしているうちに、なぜか自分でご飯を作りたくなってうっかり
まずいキンピラを作ったら、どうゆう宇宙のお計らいか、とってもおいしい手作りマフィンをクライアントさんからいただいた、その翌日。

そういえば、最近、お腹すいたーって感じがあんまりないなぁってことに気づきます。
いえ、気づいていたのですが、気づいていたことを受け入れます。
朝のジョギングではくジャージの太ももがパンパンになっているのは、
洗濯したせいでジャージが縮んだに違いないと、解釈するのは辞めにします。

体重を最後に量ってから、はや半年。
いやな予感はしていたんです。
体重計を持っていないので、メジャーでウエストと腹を計測したら.....
いやーん、4cmもビッグになってます。
キログラムに換算すると、4キロ。

というわけで、とりあえず、体を軽くしようとおもって、二日間のプチ断食しました。

4年前、微食になって一日1食程度しか食べない時期が数ヶ月続きました
人生で一番、パワフルに動けたなぁ。このとき。
だから、私は、もともとあんまり食べのもののエネルギーを必要としないんだけど、
快楽とか、耽溺として食べちゃうんだよね。

断食してて、ヒーリングのインストラクターコースに参加しているときのことを思い出しました。

コースのアシスタントさんの中に、一人私がとってもいいなぁと思った方がいました。
ヒーラーとしての実績も素晴らしいのですが、もともと、ビジネス畑にいて説明もクリアーだし、
自分をかざらない、頼りになる感じの方。
一緒にランチしているときに、こんなことを話してくれました。

彼女は、体重を減らすヒーリングがとっても得意で、いくつも成功例があるそうなんです。
その中の一つは、一晩にして、ウェストが数センチも引っ込むほどのすごいもの。
彼女のクライアントさんがやったことは、家で一晩中かけて自分に不要な感情や思考のパターンを
徹底してクリーニングしたそうなんです。
そしたら、ウェストが一晩でがっつりへっこんだんだって。
体重を減らすヒーリングに、自分にとって不要な感情を解放し、太ることに加担するさまざまな思考を変えていくことで、やせていくらしいのよね。

私の場合、感情/思考の解放を日々していることで、不要な脂肪もじゃまだって気が付く逆コースなのかしら。

面白いのは、そのヒーラーさん自身は、アメリカンサイズの脂肪を身に着けているみるからに
でかい女性なんです。
自分でも、ありとあらゆる手をつくして、太っていることに関係している感情や思考を解放してけど、
ちっともやせないんだそうです。

でも、これなんかわかるなぁ。

「ヒーラーは自分が癒された程度しか、クライアントを癒せない」って言葉を聞くことがあります。
確かに、一理あると思います。
自分が乗り越えたり、癒してきた経験を持っている人が言う言葉や、そこからやってくる波動は、
共感と愛に満ちた素晴らしヒーリングになると思います。

でも、真のヒーラーは、癒される人自身で、ヒーラーは導管だと考えれば、
愛をもって純粋な導管に徹すれば、自分は同じものを持っていてもヒーリングは起きてもおかしくないですよね。
だって、ヒーラーがヒーリングするときには、スピリットの部分=純粋な本質の部分=神様につながった部分を活躍させるはずだものね。

自分が人生で体験したこと、乗り越えたことしか、ヒーリングが起きないだったら、
私、今頃、廃業してます(笑)。

それにさ、
もし、自分が体験したことに中に、(過去世があると過程してだけど)過去世の体験も含めたら、
そして自分のスピリットが体験できることも含めたら、すっごいいろんなこと体験しているはずだし。

でも、それはヒーラーだけではないよね。
誰しも自分がしたことないことをするとき、新しく始めるときは、怖いものだけど、
もしかしたら、自分のエネルギーの中には、それをもうすでに十分体験しているところがあるかもね。
そう考えると、ちょっとだけ、勇気がでるような気がしません?


About 2010年05月

2010年05月にブログ「リコネクション・ルーム & 岡田 歩 公式ブログ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年04月です。

次のアーカイブは2010年06月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。